皆さんこんにちは! YTC編集局です。
自動車業界は100年に一度の大変革期をむかえております。
その中で整備士をめざしている、自動車整備科2年生の岩間さんと勝俣さん、
1年生の石塚さんと樋口さんの女性4名にインタビューしました!
今回の記事ではどのようなお話が聞けるか楽しみですね。

⾃動⾞整備科 2年
岩間 礼依さん
(県立希望ヶ丘高等学校
定時制 出身)

自動車整備科 2年
勝俣 輝映さん
(富士学苑高等学校 出身)

⾃動⾞整備科 1年
石塚 菜々さん
(県立横浜桜陽高等学校
出身)

⾃動⾞整備科 1年
樋口 瑠樺さん
(川崎市立
川崎総合科学高等学校 出身)

YTCで整備士を目指す4人に
プロフェッショナルになる想いを聞きました!

皆さん、本日はよろしくお願いします!
お願いします!

皆さんは女性として自動車業界のプロフェッショナルをめざし日々がんばっておられますが
まずは自動車整備士をめざしたきっかけをお聞かせください。
岩塚さん:両親も私も車が好きな事がきっかけでした。父も整備士なので私が「整備士になりたい!」と決めた時からずっと応援してくれています!
お父さんも整備士だと心強いですね!
勝俣さんは?
勝俣さん:アメ車好きの父の影響で、私も子どもの頃から車が好きで、特にアメ車が好きでした! 姉が医学部に進み、それならば私も「車の医者になろう!」と整備士になる事を決心しました。
「車の医者」って素敵ですね!
樋口さんはどうでしょうか。
樋口さん:私の父も整備士なんです!国産メーカーのディーラーでチーフメカニックを務めていて、私の憧れでした! 小3の頃から家の車のタイヤ交換とか手伝っていましたよ(笑)
樋口さんも環境がきっかけなんですね! しかも小さい頃から車に触れていたんですね。
石塚さんは?
石塚さん:私の場合はアニメがきっかけで車が好きになりました! ただ、車関係の仕事をしてる人は身近にはいないので最初は家族から「力仕事など、女性には厳しいのでは」など、反対もありました。それでも私は「自動車業界で働きたい!」という強い想いがあったので、両親とよく話し合いこの学校を受験しました。今では両親も応援してくれています!
なるほど。 まわりに車関係の環境がなくてもめざす事ができるのですね!

それでは皆さんがYTCを選んだきっかけを教えてくれますか?
石塚さん:私は最初からYTC一択でした!(笑)自宅から近いという事もありましたが鈑金作業ができるボディ・エンジニア科もありましたので。
幅広く勉強できるのは確かに強みですよね。ボディ・エンジニア科は鈑金作業だけでなく次世代技術のASVも学べますので将来にも役立ちますね。
岩間さん:私は色々な学校のオープンキャンパスに参加したのですがYTCが一番先生方の雰囲気が良く、フレンドリーでとても好印象でした! あと、非メーカー校だからこそ多様な車種に触れる事ができるところが魅力でした!
先生がフレンドリーだと学校生活の中で色々と困った事など相談しやすくなりますし、
色々なメーカーの車を勉強できるのもポイントですね!
勝俣さん:私も非メーカー校だから決めました!非メーカー校だと色々なメーカーの車を触れるし、就職先も多種多様にあるので自分の希望に進みやすいと思いました。
先生方の雰囲気はとても大事ですよね。何より就職先が色々と選べる事ができるのは
将来に大きく影響するのでとても大事な事ですよね。
樋口さん:私は企業推薦から決めました! 色々調べたのですが私が将来就職したい企業の「企業推薦対象校」の中から一番自分に合ったYTCを選びました。
志望校から決めるのではなく、進みたい就職先から企業推薦で決めていくという方法もできるのですね。
これは知っておきたい情報ですね。

次の質問ですが入学前に車やバイクの構造の事を知らなくても大丈夫なのでしょうか?
岩間さん:全然大丈夫ですよ! YTCでは基礎からしっかり丁寧に教えてくれますし、同級生の皆も教わるスタートラインは同じですから!
勝俣さん:そうそう。心配しなくて問題ないですよ! 私は入学前まで車もバイクも触った事がなかったですし。本当に皆スタートラインは一緒です。
石塚さん:私は入学前に友達の車とか少しだけ触っていましたけど、でもほとんど何も知らなかったので私も皆と同じスタートラインかな。
樋口さん:私の場合は工業高校に通っていたのでエンジンとか基礎的な事は勉強していました。ただ、YTCでは基礎から実践・応用まで勉強するのでその部分では確かにスタートラインは一緒ですね!
車やバイクに触った事がないという方でもYTCに入学すれば基礎から丁寧に教えてくれるので心配しなくても良いという事なんですね!入学前にその事を知っておくと気が楽になりますね。

女性目線でお聞きしたいのですが実習で大変な事はありますか?
岩間さん:私は特にないです! 女性だからといって不便な事はないと思いますよ。
石塚さん:私もないかな。力仕事は確かに大変かも知れませんが女性だからとか性別が理由で大変な事はほとんどありません。あっても克服できます!
勝俣さん:私もないけど、強いて言うならグループ実習の時はグイグイと自分から入っていくとやりたい作業ができますよ(笑)
樋口さん:私も特にないですね。 男女に限った事ではありませんが、私は小柄なので修理箇所に手が届かないとかはあります。ただ、その場合は補助器具や設備を使えば問題なく作業できます。身体的な事でできない作業も基本ありません。
力仕事とか大変かなと思いましたがそれほど心配する必要がないという事ですね!
確かに男性が多い業界なので少し積極的にふるまう事がコツなんですね。
また、女性という事だけではなく小柄な方でも問題なく作業ができるという事が
わかりました。

皆さん男子と仲良く作業等はできますか?
石塚さん:仲良く作業できますよ!
勝俣さん:私も仲良く作業していますね!実習中は女性も男性も関係なく協力しあいながら作業しますので。
岩間さん:私もです! もしあるとするならばそれぞれの性格だったり相性があるかもしれませんがその場合でも大丈夫だと思いますよ!
樋口さん:そうですね。その場合でも女性はそこそこいますので女性同士で話し合いながらしっかりと作業もできるので心配はないと思います!
なるほど! では、着替えとか日常での問題はありますか?
勝俣さん:全然! 女子更衣室があるので心配はありません。
樋口さん:私も問題はありません! 余談ですが、お昼ごはんの時などは、よく更衣室に女子みんなで集まって、ワイワイしながら食べたりもしています!
岩間さん:そうですね。着替え以外にも言える事ですが女性だからという理由で不便さは全くないですね。
石塚さん:本当にそう。全般的な日常生活に関しても女性だからといってYTCではその辺りの不便さは全く感じられません。何かあれば先生に相談する事もできますし。
そうなんですね!それなら学校生活では全体的に問題はなさそうですね。
仮に何かあった場合は学校に相談できる事も心強いですね!
学校の授業が難しかったり先生は厳しかったりしますか?
勝俣さん:先生が厳しいと思った事はないですね! 学科授業や実習で分からない事を質問すると丁寧に教えていただけます!
樋口さん:そうなんですよね! 先生方が質問について丁寧に教えてくれるおかげで今まで授業でつまづいた事はありません。
岩間さん:授業でも、基礎からわかりやすく教えてくれるので、ついていけないとかはないと思います! そのおかげで学校の雰囲気も明るく皆との仲がとても良いです。すごく楽しい学校生活を送ってます!!
石塚さん:学校の雰囲気は本当に良いです! 私は高校まで女子が多い学校だったのですが、YTCは男子の方が多いので入学当初は少し戸惑いました。でも、最初の試験の時に皆で勉強した事があったんです。それがきっかけで男子含め皆と仲良くなる事ができました!
すごく学校が良い雰囲気なのが伝わりました!
授業で分からない事は先生がきちんと教えてくださるとのことなので、
和気あいあいとしていて学校全体の雰囲気も良くなりますよね!
皆さんがどのようなことを将来の目標にされてるかお聞かせください。
石塚さん:私は自分の車が日本車という事もあり国産メーカーのディーラーに就職したいと思ってます! 
岩間さん:私も国産メーカーのディーラーです! インターンでとある国産メーカーで体験させていただきましたがすごく雰囲気が良く、ぜひここで働きたいと思いました!
樋口さん:卒業後は現場で色々な経験を積んで、資格や、様々な技術や知識を幅広く修得したいです! 今からとても楽しみです。
勝俣さん:私はリース会社に内定してますのでそこで活躍できるようにまずは国家試験に合格する事です! 今年はコロナ禍の影響で学科授業や実習時間が少なかったのですが学校がすぐに国家試験対策をしてくれましたので全力で試験に挑めます!
皆さんが今、夢に向かって頑張っている事がすごく伝わりました。
将来とても楽しみですね!
最後の質問ですが自動車業界をめざす女子高校生に向けてアドバイスをお願いします。
樋口さん:少しでも車やバイクが好きであれば積極的にYTCの先生に相談してみてください! あと、自動車業界をよく調べる事が大切かと思います。
勝俣さん:私も積極的に先生に相談した方が良いと思います。色々と新しい発見もありますし何より自分の成長に繋がりますので! あと、女性整備士ってカッコいい!! 整備士になる事をこわがらないでね!
石塚さん:車を大好きになる事が大切ですね! 家に車があればいっぱい乗ってみてください!とにかく車に触れる事が大切だと思います。
岩間さん:男性が多い業界だからこそ、女性の活躍がより目立ちますし女性が有利な部分もたくさんあります。ぜひ挑戦してみてください!

皆さん本当に色々とためになるお話をありがとうございました。
これからも頑張ってください!!
ありがとうございました!

今回4名の女性にインタビューさせていただきました。せっかく車が好きになったなら、こわがらず挑戦してみる事が大事という事がわかりました。そのためにはYTCの先生によくお話を聞いて相談する事が大事。そうすれば色々と不安もなくなり、将来の夢もきっとふくらんでいくはず。まずはオープンキャンパスに参加してみましょう!